2020/7/6 15:22

「謝罪しない」降板発表のキングコング梶原、過去に共演者とトラブル

梶原雄太

7月1日、キングコング・梶原雄太(39)が『上沼恵美子のこころ晴天』だけでなく『怪傑えみちゃんねる』(関西テレビ)を6月いっぱいで降板したことを同局が発表。恩人である上沼恵美子(65)との間に何があったのかを詳しく報じる媒体も出てくるなど、ネットは騒然となっているが、実は梶原は、共演者とトラブルになった過去があるという。
2019年2月2日に行われたホリエモン万博にゲスト出演した際、「チャンバラ合戦大運動会」のコーナーにて、共演した評論家の宇野常寛(41)に対し“運動ができないキャラ”としてイジるなどして怒らせ、途中退席させてしまうという事態を起こした梶原。
同年2月3日、宇野はTwitterにて「失礼な絡み」を受けたとしながら、梶原に現場で抗議すると「みんなが面白くなるためにした」と釈明されたものの、後日梶原から事務所を通じて「芸人として当たり前のことをしただけだから特に謝罪しない」というコメントを受けたとし「現場では慌てて(イイワケしながら)謝っていたくせに、大組織に守られると途端に態度がデカくなるんだと思った。本当ガッカリだな」と事の顛末を綴るなどして話題になったという。「日刊大衆」が報じている。

木村拓哉、四千頭身・後藤拓実をガン無視に賛否の声 | 日刊大衆木村拓哉、四千頭身・後藤拓実をガン無視に賛否の声 | 日刊大衆

編集者:いまトピ編集部
写真:タレントデータバンク
(梶原雄太|男性|1980/08/07生まれ|B型|大阪府出身)