2020/7/6 10:53

関西テレビ『怪傑えみちゃんねる』キンコン梶原の番組降板「はよ(東京に)帰りや!」パワハラ騒動に発展

上沼恵美子

タレントの上沼恵美子が、お笑いコンビ・キングコングの梶原雄太に対し“パワハラ”ともとれる言動を番組収録中に行っていた可能性が高いことを4日付の一部メディアが報じた。報道によると、6月中旬に収録があった『怪傑えみちゃんねる』(関西テレビ)内で、上沼のイライラが爆発。「義理を欠いている」と指摘した上で「はよ(東京に)帰りや!」などと罵声を浴びせたという。お笑い関係者は「関西の人気司会者、西の女帝と言われていた上沼さんの“裏の顔”がとうとう、白日の下にさらされてしまった。梶原は今後も芸能活動を続けるでしょうから、今回の一件の舞台裏を暴露するなんてことはないでしょうけど、これだけ報道が出た以上、コンプライアンス重視のテレビ、ラジオ局が見過ごすことはできなくなってくると思う」と話す。今後、続報が出れば“パワハラ騒動”に発展する可能性もあると日刊サイゾーが報じた。

“裏の顔”が白日の下に!? 上沼恵美子、キンコン梶原の番組降板で「パワハラ騒動」に発展か|日刊サイゾー “裏の顔”が白日の下に!? 上沼恵美子、キンコン梶原の番組降板で「パワハラ騒動」に発展か|日刊サイゾー

編集者:いまトピ編集部