2020/7/6 10:38

『報道ステーション』メインキャスター降板報道…急浮上したトンデモ後任人物「テレ朝は終わりますよ」混乱

サラリーマン

コロナ禍でのドタバタで迷走するテレビ朝日系のニュース番組『報道ステーション』。富川悠太アナが、新型コロナウイルス感染の疑いがある中でキャスターを続けていたあげく、自宅療養中には「週刊文春」(文藝春秋)が報じた“妻の子供虐待疑惑”で人気が急落し、視聴率低迷の戦犯とされている。こうした状況で、キャスター降板と後任人事の噂が耐えないが、これまで候補として同局の番組の中から『モーニングショー』の羽鳥慎一アナや、『ワイドスクランブル』の大下容子アナ、羽鳥アナと同じ事務所の田中みな実アナなどの名前があがっていた。さらに6月30日「日刊ゲンダイ」が、元大阪市長で弁護士の橋下徹氏が公認候補に上がっていると報じた。『報ステ』に近い制作スタッフは「そんなことしたら、テレ朝は終わりますよ」と否定する。新しいキャスターに代えるのは、視聴率が回復してからではないかと予測する。

迷走する『報ステ』メインキャスター交代報道 急浮上した後任・橋下徹説のトンデモ度|日刊サイゾー 迷走する『報ステ』メインキャスター交代報道 急浮上した後任・橋下徹説のトンデモ度|日刊サイゾー

編集者:いまトピ編集部