2020/7/2 14:31

一同あぜん…『TOKIOカケル』結婚のきっかけ「裏切りを感じた」「魔が差した」

TOKIOAmazon

1日夜放送のフジテレビ系「TOKIOカケル」(水曜後11・00)に、女優・真矢ミキ(56)が出演。
08年に結婚した7歳下のダンサーの夫・西島数博(48)と結婚にいたったきっかけについて、長い間、性別を超えた友人関係だったと告白。「長いですね。10年くらい」と友人歴を明かし、「彼女の話とかも聞いてたし、相談に乗ってたし、意外でした」とも語った。
そんな関係から結婚する仲に発展したが、MCのTOKIO国分太一(45)から「きっかけは何だったんですか?」と聞かれても、真矢は「なかった。本当になかった」と振り返り、一同があぜんとする一幕も。「ある時、魔が差したんでしょうね。『付き合わない?』みたいになった時、友達として裏切りを感じて。今までの友達は何だったんだろう?って。変な日だった。複雑だったのは覚えてる」と明かしていたと「Sponichi Annex」が報じている。

真矢ミキ 友人だった夫と“ある日突然”恋愛に発展「魔が差したんでしょうね」― スポニチ Sponichi Annex 芸能真矢ミキ 友人だった夫と“ある日突然”恋愛に発展「魔が差したんでしょうね」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

編集者:いまトピ編集部