2020/7/2 12:16

1日放送『東大王』に批判続出「ヒドすぎる」「芸人じゃないんだぞ…」

スーツ

7月1日放送の『東大王』(TBS系)でのヒロミの振る舞いが物議を醸している。チーム内で代わる代わる答え、12の設問を消していく「12アンサーズ」を展開。〝ジャスコ〟こと林輝幸は「sweet sake(みりん)」の日本語訳を答え、難しい設問を女性人気メンバー・鈴木光にパスしていた。これにヒロミは「ジャスコは自分のことだけだもんな」、「ジャスコは『みりん』を選んだ男だから」とイジっている。これにネットでは《ヒロミさんのパワハラ感あるトークがしんどい。東大王でてるこ、みんな若いのに。素人さんなのに》《ヒロミの男性陣と女性陣に対する発言の差が酷すぎるんだよなぁ…》《まじでジャスコに対するヒロミの態度が不快…ジャスコは若手芸人じゃないんだぞ…》などの声が上がっているとまいじつが報じた。

『東大王』ヒロミの“ジャスコイジリ”に批判続出「ヒドすぎる」「パワハラだ」 - まいじつ『東大王』ヒロミの“ジャスコイジリ”に批判続出「ヒドすぎる」「パワハラだ」 - まいじつ

編集者:いまトピ編集部