2020/7/2 09:39

新垣結衣、約2年の“空白期間”の理由…「違約金は◯億」か

新垣結衣

女優の新垣結衣は、2018年に主演した『獣になれない私たち』(日本テレビ系)以降、ドラマから姿を消し、2年近く空白の時間を過ごしていた。新垣はとても真面目で繊細な性格で、仕事のことで思い悩むことが多い。所属のレプロエンタテインメントはかつて、のんこと能年玲奈や、幸福の科学に出家した千眼美子こと清水富美加など、これから売り出そうとしていた若手女優がトラブルで続々と退社し、週刊誌に事務所の実情を暴露されたという苦い経験がある。その時のトラウマを引きずっているため、新垣には無理に仕事をさせない方針でいるという。新垣が超インドアな性格であることは有名な話で、最近はスピリチュアルなことにも興味を持っているらしく、事務所としては、ふとしたきっかけで能年や清水のような“洗脳騒動”に発展することを恐れているようだ。新垣のCM出演料金は1本6,000万円で、女優としてもトップクラス。現在も、継続中のCMだけで年間に5億円近くを稼ぎ出しているという。もし能年や清水のように突然事務所を辞められたりしたら、その違約金は契約金の倍以上になると日刊サイゾー が報じた。

新垣結衣、約2年の“空白期間”の謎…能年玲奈&清水富美加の“トラウマ”抱えるレプロの金勘定|日刊サイゾー 新垣結衣、約2年の“空白期間”の謎…能年玲奈&清水富美加の“トラウマ”抱えるレプロの金勘定|日刊サイゾー

編集者:いまトピ編集部
写真:タレントデータバンク
(新垣結衣|女性|1988/06/11生まれ|A型|沖縄県出身)