2020/7/2 07:51

猛批判『バイキング』手のひら返しでイメージ落とし..「結局何を言ってるか分からない」話が通じない「何でもあり」

おぎやはぎ

手越祐也の会見について『とくダネ!』に出演した社会学者の古市憲寿氏は「下手な会見でしたね。手越君の今後には不安しかない。結局何を言っていたのかあまり分からなかった」と語れば、『バイキング』ではお笑いコンビ「おぎやはぎ」の小木博明が、「この人は何でもありというか、話が通じない人なんだと思った」と感想を述べている。『ワイドナショー』に出た落語家の瀧川鯉斗に至っては、「会見を2時間聞いたが、ぶん殴りたい。“男・手越”と言っておきながら女性をコロナから守ることもできない」と厳しく断罪。手越の発言をことごとくワイドショーが批判し始めたのだ。「一方で、手越のイメージを落とす報道をして、ジャニーズの“ご機嫌取り”をしているリポーターやコメンテーターは多く存在します。ジャニーズ側がそれをどうとらえるかは別問題として、手越を叩くことが、ジャニーズに対する忠誠心の“踏み絵”となっている節がある」(ワイドショー関係者)そんな中でも手越をバラエティー番組で才能を開花させた、内村光良だけは違ったようだ。週刊女性の直撃に対し「《また宮川くんたちと3人で、どこかの国のお祭りにいけたらいいね》というメールは送りましたよ」と、『世界の果てまでイッテQ』(をクビになった手越をおもんぱかったメールを送ったと明かしている、とFRIDAYデジタルが報じた。

ジャニーズ退所の手越祐也をワイドショーが“手の平返し”で猛批判 | FRIDAYデジタルジャニーズ退所の手越祐也をワイドショーが“手の平返し”で猛批判 | FRIDAYデジタル

編集者:いまトピ編集部