2020/7/1 21:12

新垣結衣”激変”か、高須クリニック院長・高須克弥氏も心配の声

新垣結衣

6月29日、女優の“ガッキー”こと新垣結衣が、7月16日から27日の期間に初の写真展を開催することを発表した。先月11日には32歳の誕生日を迎えたが、その変わらぬ美貌に「劣化しらず」との声も多い新垣。しかし、16年に掲載されたウェブサイト「週刊女性PRIME」上において、美容整形の高須クリニック院長・高須克弥氏がジャッジした“顔の診断”では、10年後に「激変する可能性」が示唆されたため、この先の容姿に心配の声が相次いでいた。同年代の女優・長澤まさみとの比較がおこなわれたが、高須氏は『今のままだと新垣さんの10年後は、ちょっとげっそりフェイスになってピンチかも!?』と推察し、一方の長澤は『顔がたるむタイプ』だと指摘。新垣について高須氏は『頬がこけると老けて見えてしまう』とも語っていたため、ネット上では『38歳頃になったら、長澤まさみに完敗?』『老けたガッキーなんて想像できない!』と、ファンを不安にさせてしまったとエンタMEGAが報じた。

新垣結衣に“お直し疑惑”が再浮上!?|エンタMEGA新垣結衣に“お直し疑惑”が再浮上!?|エンタMEGA

編集者:いまトピ編集部
写真:タレントデータバンク
(新垣結衣|女性|1988/06/11生まれ|A型|沖縄県出身)