2020/7/1 07:23

手越祐也の裏で...退社していた「14年間、とても感謝をしています」

いまトピ

モデルでタレントのローラが所属事務所から退社することを発表した。ローラは自身のインスタグラムで「2020年6月30日をもって約14年間お世話になった事務所LIBERAを退所する事になりました」と明かし、「14年間という道のりの中で、一緒に頑張って歩んできた事務所のみなさんにとても感謝をしています」と思いを綴った。また、LIBERAの公式サイト上でもローラの退社を報告。「皆様におかれましては、これまでローラを温かく応援くださり誠にありがとうございました。引き続きローラの活躍を応援くださいますよう、何卒よろしくお願いいたします」とコメントを掲載。双方共に円満退社であることをアピールした形だが、実はローラは3年前に独立騒動を起こしている。2017年8月には、ローラが事務所に対し専属契約の終了を求める申し入れ書を送付したことが報じられていうr。また、この報道の前には『黒い心を持った人とは絶対に一緒にいたくない』『10年の信頼をかえしてください』などと意味深なツイートをしており、事務所との契約トラブルを匂わせていた。当時、ローラ側は一歩も引かぬ態度で、話し合いの最中にもかかわらずCMスポンサーあてにローラの代理人名義で『LIBERAとの契約は終了したので、今後は直接こちらへ仕事の話を通してほしい』という文書を送り、これにLIBERAが大激怒したというのは有名な話だ、日刊サイゾー が報じた。

ローラ、所属事務所を退社! 泥沼の契約トラブルから和解を経て“円満”アピールも遺恨残る|日刊サイゾー ローラ、所属事務所を退社! 泥沼の契約トラブルから和解を経て“円満”アピールも遺恨残る|日刊サイゾー

編集者:いまトピ編集部