2020/6/30 21:06

29日『徹子の部屋』涙ぐみながら「母の子どもでよかったと思ったことがない」語るたびに「批判あった」

青木さやか

2000年代前半に一世を風靡した、お笑い芸人の青木さやか。6月29日、『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に出演し、母親との確執や、親との関係を明かすことで批判があったと告白し、ネット上で注目を集めている。番組では、MCの黒柳徹子が「実は長年、お母さまとの関係で悩んでいらっしゃって」と切り出し、母親との“確執”について語りだした青木。「幼少期、青木は教師である母親から厳しく教育を受け、『褒めてもらうことがなかった』そうで、『母に褒めてもらうために、ずっと何かをしてきたような気すらしています』と明かしました。(芸能ライター)黒柳から「お母さんの子どもでよかったな、って思えるようなことがそんなになかったのは、つらいことじゃありませんか?」と問われると、「母の子どもでよかったと思ったことがないので、母の子どもでよかったと思うことが幸せなんだ、ということがよくわからない」と返答した青木。さらに、涙ぐみながら「安心感みたいなものは、私にはなかったのかと思います」と答えた。一方で、青木自身も育児に関する話題で非難を浴びたことがある。1月28日放送のバラエティ『踊る! さんま御殿!!』(日本テレビ系)に出演した際、娘が長らく使わないものを集めたボックスがあるといい、それを娘の了承なしで処分したそう。その後、娘から「ママはなんでも捨てる!」と怒られたというエピソードを披露していたが、ネット上では「子どもだとしても、きちんと本人の意見を聞くべき」「すごく自分勝手な親だね。そりゃお子さんも怒るよ」といった批判が寄せられていたとサイゾーウーマンが報じた。

青木さやか、母との“確執”語るたびに「批判あった」……「周囲の声は気にしないで」と同情の声(2020/06/30 20:03)|サイゾーウーマン青木さやか、母との“確執”語るたびに「批判あった」……「周囲の声は気にしないで」と同情の声(2020/06/30 20:03)|サイゾーウーマン

編集者:いまトピ編集部
写真:タレントデータバンク
(青木さやか|女性|1973/03/27生まれ|O型|愛知県出身)