2020/6/30 16:23

29日放送『帰れマンデー見っけ隊』で木村拓哉がSMAP時代について「まさかの笑えない発言」

SMAPAmazon

主演ドラマ「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日系)の番宣に大忙しの木村拓哉(47)が、29日放送の「帰れマンデー見っけ隊!! 3時間SP」(テレ朝)に出演。ドラマで共演している斎藤工や菜々緒らとともに人気コーナー「帰れま10」に登場した木村は、お笑いコンビ「ミキ」から聞かれる形で、2月に開催したSMAP解散後初のソロツアーについて答えた。
解散後はもうライブをするつもりはなく「ちょっと拒否ってた」という木村。だが、アーティスト仲間から「もう1回やらないの?」という声が多数届き、受け流せなくなったことで再びステージに立つことになったという。また、ソロになったことで、ずっと歌いっぱなしのため「初めてのどのケアをしました」と告白。さらに、ジョークっぽくではあったのだが「今まで(SMAP時代)はもうなんか、適当」とまで口にしたという。
この発言は冗談だということは分かるものの、昔から応援してきた人にとっては決しておもしろい発言ではないため、元SMAPファン、特に香取慎吾、草彅剛、稲垣吾郎の「新しい地図」のファンたちは反発していると「東スポWeb」が報じている。

木村拓哉のジョークに元SMAPファンがピリッ | 東スポのニュースに関するニュースを掲載木村拓哉のジョークに元SMAPファンがピリッ | 東スポのニュースに関するニュースを掲載

編集者:いまトピ編集部