2020/6/30 07:19

28日最終回放送も「最悪の終わり方」「後味悪すぎ…」批判殺到

食事

中村倫也主演のドラマ『美食探偵 明智五郎』(日本テレビ系、日曜日、夜10:00~放送)の最終回が28日に放送された。最終回では、小林苺(小芝風花)をさらったマリア(小池栄子)とその手下たちが明智五郎(中村倫也)を晩餐会に招待するという展開に。マリアは手下の伊藤(武田真治)が用意したトリカブト入りの注射で毒を注入する。しかし、その毒は伊藤によってすり替えられており、苺の命に別状はなかった。その後、晩餐会場を警察に包囲され、マリアは自ら外へ出て刑事の上遠野透(北村有起哉)を抹殺しようとするも、高橋達臣(佐藤寛太)に足を撃たれてしまう。高橋が二度目の発砲をした際、伊藤がマリアをかばって死亡する。最終的にマリアは崖から海へと落ちたが、その後はかつてマリアに殺人の指南を施してもらったアイドルのココ(武田玲奈)がマリアの意志を継ぐのだった。視聴者からは「ココがマリアを継ぐとか…後味悪すぎる」「マリアの殺人欲求止まらないまま死亡かよ。マリア好きだから更生してもらいたかった。最悪の終わり方」という批判の声が挙がっているとリアルライブが報じた。

『美食探偵』最終回「明智無能すぎ」「最悪の終わり方」とブーイングの嵐 | リアルライブ『美食探偵』最終回「明智無能すぎ」「最悪の終わり方」とブーイングの嵐 | リアルライブ

編集者:いまトピ編集部