2020/6/29 07:56

朝ドラ『エール』絶望的な視聴率離れ「ついていけない」「まじめなドラマかと思ったら...」ファン離れ批判殺到

窪田正孝Amazon

俳優・窪田正孝が主演を務めるNHK連続テレビ小説『エール』第65話が6月26日に放送。エンディングでは「来週からは『エール』を第1回より再放送します」とテロップで告知された。コロナ禍で中断してしまうのは仕方ないことですが、これをきっかけに『エール』の視聴者離れが加速しそうなのです。15日から放送されている第12週では、音(二階堂ふみ)の亡き父・安隆(光石研)があの世から家族のもとへ舞い降りるというトンデモシーンを放送し、物議を醸しました。また、突然スピンオフを展開し、コメディー路線に変更したことに面食らった視聴者も多い。《ダラダラと惰性で見てたけど、やめるいいキッカケになった》《まじめなドラマかと思ったらただのコメディーだった。悪くはないけど、昔からの朝ドラファンはついていけないだろうね》など酷評が見受けられる、と
まいじつが報じた。

朝ドラ『エール』視聴者離れ加速!? 再放送突入で見切る人続出か… - まいじつ朝ドラ『エール』視聴者離れ加速!? 再放送突入で見切る人続出か… - まいじつ

編集者:いまトピ編集部