2020/6/27 16:10

ホスト通い“豪遊”「総額3億円」...衝撃の実力派女優3人「癒やし系女優のイメージ」正反対なプライベート

真木よう子

芸能界には、そのホストクラブで“豪遊した”と報じられ、世間から白い目で見られた人たちも。2016年5月発売の「女性セブン」にて、歌舞伎町の老舗ホストクラブに訪れ、一晩で「2000万円ほど使った」とされる、女優の真木よう子がその一人だ。女優の飯島直子も、ホストにハマっているとのウワサがありました。01年にTUBEの前田亘輝と離婚後、ホストクラブ通いを始めたそうで、19年10月発売の『週刊女性』では、『05年には歌舞伎町のとあるホストと交際がスタートした』と報じられています。なんでも、そのホストに入れ込んでしまい、高級マンションや新車のベンツなどを買い与え、総額3億円も貢いだとか。飯島の散財ぶりを周囲が心配して手を尽くし、07年になってこのホストと別れたようだ。タレントの研ナオコは、07年に歌舞伎町のホストクラブ『愛』のホストとデートしている現場を『フライデー』にスッパ抜かれました。当初、研はホストクラブに行った事実を認め『軽率な行動をとってしまい、たくさんの方にご迷惑、ご心配をおかけいたしました』と自身のブログで謝罪したんです。ところが08年、今度は別のホストが『研ナオコにストーカー行為をされた』と、『週刊新潮』で告発。男性は研にプライベートでホテルへ呼び出され、あげく性行為を迫られたと語っていた、とサイゾーウーマンが報じた。

真木よう子、飯島直子、研ナオコ……ホスト通いと“豪遊”報道で衝撃を与えた女性タレント(2020/06/27 15:00)|サイゾーウーマン真木よう子、飯島直子、研ナオコ……ホスト通いと“豪遊”報道で衝撃を与えた女性タレント(2020/06/27 15:00)|サイゾーウーマン

編集者:いまトピ編集部