2020/6/5 21:03

『報道ステーション』集団感染の、黒幕の存在「なぜ出てこない」「悪者に仕立て上げた」批判の声

頭を抱える

4月11日に新型コロナウイルス感染が判明し、キャスターを務める「報道ステーション」(テレビ朝日系)を離れていた富川悠太アナが、6月4日の放送で約2カ月ぶりの復帰を果たした。「富川アナ自身については《感染したこと自体を責めるべきではない》などと、その態度を評価する声が少なくありません。その一方で視聴者の怒りの矛先は、発熱や体調不良を訴えた富川アナの出演続行を了承したチーフプロデューサー(チーフP)に向けられている。番組ではチーフPのコメントを森川夕貴アナが代読しましたが、そこでの内容から、今回の集団感染の黒幕はチーフPだったのではないか、という意見につながった」とテレビ誌ライターはいう。視聴者からは《なぜチーフPが出てこない?》《富川アナを悪者に仕立て上げたのはチーフPだろう!》との批判が続出。何より「報ステ」では政府のコロナ対策を痛烈に批判していたのだから、その番組姿勢をリードしていたチーフPこそ部署内での感染拡大の責任を取る立場にあるということのようだとAsagei Biz-アサ芸ビズは報じた。

「報ステ」富川悠太アナの「復帰釈明」で急浮上した集団感染の“黒幕”とは?  |  Asagei Biz-アサ芸ビズ「報ステ」富川悠太アナの「復帰釈明」で急浮上した集団感染の“黒幕”とは? | Asagei Biz-アサ芸ビズ

編集者:いまトピ編集部