2020/6/1 16:28

「大野智が難色」滝沢副社長が…『NHK紅白歌合戦』『24時間テレビ』司会も「ナシ」か

嵐Amazon

昨年2月、人気ジャニーズグループ・嵐が突如、2020年末をもって活動休止すると発表し世間を驚かせたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で5月の『アラフェス 2020 at 国立競技場』が延期となり、このまま活動休止を強行すればファンの反発も予想される。そのため、すでにジャニーズ事務所内では活動休止の1年延期が検討されているようだが、活動休止の原因となったリーダーの大野智が難色を示しており、副社長の滝沢秀明が直接、大野の説得に当たっているという。
こうした動きは、2つの国民的番組にも影響を及ぼし始めているといい、日本テレビ『24時間テレビ』は、メインパーソナリティーは昨年に引き続き嵐が務めて、“嵐としては最後の『24時間』”というかたちで番組の盛り上げに一役買うシナリオが期待されていたものの、活動延期の場合は来年にスライドするという案が浮上。さらに大みそかの『NHK紅白歌合戦』の司会も嵐が有力視されていたが、もし活動休止が延びれば、こちらもなくなるのではないかといわれていると「ビジネスジャーナル」が報じている。

嵐、活動休止延期に大野智が難色か…ジャニーズ滝沢副社長が直接説得との情報も嵐、活動休止延期に大野智が難色か…ジャニーズ滝沢副社長が直接説得との情報も

編集者:いまトピ編集部