2020/5/23 09:12

中居正広、田中圭、大ピンチ『文春砲』でバッシングか

麻雀Amazon

東京高等検察庁の黒川弘務検事長が、新型コロナウイルスの緊急事態宣言中に新聞記者らと賭け麻雀をしていたことが、5月21日発売の『週刊文春』(文藝春秋)のスクープで発覚した。2018年11月発売の『女性セブン』(小学館)では、都内のフリー雀荘で賭け麻雀に興じる俳優の田中圭(35)の姿を報じている。さらに、元SMAPの中居正広(47)もスピードワゴンの小沢一敬(46)との10時間にわたる徹マン明けの様子を週刊誌に撮られたり、麻雀バラエティ『THEわれめDEポン』(フジテレビ系)にも頻繁に出演してきた雀豪女優の加賀まりこ(76)と同じ雀荘に足しげく通っていたとも報じられている。今回の黒川氏の賭け麻雀騒動で、麻雀自体が“悪”と認定されかねない。コロナが落ち着いた頃、中居が雀荘で麻雀を楽しんでいる姿を激写され、バッシングを浴びてしまう……そんなことになれば、中居にとってはとんだとばっちりだと日刊大衆が報じた。

中居正広ピンチ!黒川検事長「文春砲」で「マージャンの輪」消滅!? | 概要 | 日刊大衆 | イケメン | ニュース中居正広ピンチ!黒川検事長「文春砲」で「マージャンの輪」消滅!? | 概要 | 日刊大衆 | イケメン | ニュース

編集者:いまトピ編集部