2020/5/22 07:06

汚点!「もし麻薬をやっていた場合は芸能界を引退する」発言も陽性に...「泣けばいいと思っている」醜聞が止まらない

NG

東方神起として活動後、独立してJYJとして活動している最中に麻薬使用で起訴されたパク・ユチョンが今月11日、韓国のテレビ番組に約1年ぶりの出演を果たし、本国のみならず日本のファンの間でも話題となっている。ユチョンは19年4月に元婚約者のファン・ハナと共に麻薬を使用した疑惑が噴出。その後、記者会見を開いて麻薬使用を否定したにもかかわらず、麻薬反応検査で陽性反応が出た結果、裁判で有罪に。懲役10カ月・執行猶予2年と追徴金の支払いを命じられた。そもそも前述の麻薬使用を否定するために開いた記者会見で「もし麻薬をやっていた場合は芸能界を引退する」とまで発言したのに、自粛期間を持つこともなく芸能活動を再開させようとしていたことが批判の大きな原因だ。元東方神起のメンバーの醜聞でいえばユチョンだけじゃないと日刊サイゾー は報じた。

K-POPの汚点! ユチョン復帰でまた“泣き落とし”……元東方神起たちの醜聞が止まらない|日刊サイゾー K-POPの汚点! ユチョン復帰でまた“泣き落とし”……元東方神起たちの醜聞が止まらない|日刊サイゾー

編集者:いまトピ編集部