2020/5/15 07:27

14日放送「エール」3回目の登場『コントだけじゃなくて演技も本物』『朝から号泣した』大きな反響寄せられる

志村けんAmazon

5月14日に放送されたNHK連続テレビ小説「エール」第34回に、大物作曲家・小山田耕三役を演じる志村けんさんが登場し、視聴者の涙を誘った。志村けんさんは、3月6日まで4回のスタジオ収録に参加しており、収録済みの出演シーンは、そのまま放送されています。生前『エール』の収録現場で志村さんは台本をボロボロになるまで読み込み、カットごとに監督に演技を確認して“役者志村”として本気で朝ドラに挑んでいたそうです。セリフこそ少ないものの、動きと表情で大物作曲家の貫禄を表現。視聴者からは『朝から志村けんの登場で号泣した』『喜劇俳優を完全に封印して役に徹している志村さんかっこいい』『振り向くだけのシーンなのにさすがの存在感』『コントだけじゃなくて演技も本物』『志村けんと窪田正孝の初対面。本当ならワクワクするシーンだったろうに。切なさで胸がいっぱいになる』と大きな反響が寄せられた。と、アサジョが報じた。

志村けん「エール」に3回目の登場、窪田正孝との“初対面”が切なすぎた – アサジョ志村けん「エール」に3回目の登場、窪田正孝との“初対面”が切なすぎた – アサジョ

編集者:いまトピ編集部