2020/2/26 10:20

「未成年飲酒発覚」なぜペナルティ無しなのか

豆柴の大群Amazon

「豆柴の大群」のナオ・オブ・ナオが、18年11月に未成年飲酒を行っていたことが写真週刊誌「FLASH」にて報じられた。所属事務所のWACKで飲酒が事実であることを認めたうえで「深く反省を促しながらしっかりと監督し、活動に精進させる」と報告。グループ脱退や活動休止といったペナルティは与えないものと見られている。普通なら未成年飲酒報道は致命傷のはずだが、活動続行への批判はほとんど聞こえてこないとしてその理由をアサ芸プラスが取り上げている。

「未成年飲酒発覚」豆柴の大群・ナオが芸能活動を謹慎しないで済む2つの理由 | アサ芸プラス「未成年飲酒発覚」豆柴の大群・ナオが芸能活動を謹慎しないで済む2つの理由 | アサ芸プラス

編集者:いまトピ編集部