2020/1/20 18:43

木村拓哉、香取慎吾に「圧勝」

怒り

1月8日にリリースされた木村拓哉のソロアルバム「Go with the Flow」が初週に13万8枚を売り上げ、1月20日付の「Billboard JAPAN Top Albums Sales」で首位を獲得した。前週・1月13日付の同チャートでは、香取慎吾のソロアルバム「20200101」が6万6295枚で首位を獲得。奇しくも元SMAPの作品が二週続けて首位に君臨したが、枚数面では木村がダブルスコアの大差をつけた。しかし木村のアルバムはジャニーズ事務所の方針に従い、デジタル配信は一切なし。それに対して香取のアルバムはレコチョクやApple Musicといった配信サイトで扱われており、『10%』など先行配信されていた楽曲も含まれている。スマホ時代のいま、若者はどんなアーティストの作品であろうとまずは配信で聴くというのが常識。それゆえCDアルバムの売上だけで木村と香取を比較すること自体、2020年の現代ではもはや無意味とさえ言える、とアサジョが報じた。

木村拓哉のソロアルバムが「香取慎吾にダブルスコアで圧勝」に異議あり!? – アサジョ木村拓哉のソロアルバムが「香取慎吾にダブルスコアで圧勝」に異議あり!? – アサジョ

編集者:いまトピ編集部