2019/12/14 08:05

「害悪」卒業で関係者は安堵か...「呼べば来る女」若手を相手に“斡旋業務”も

峯岸みなみ

12月8日、AKB48の“最後の1期生”となっていた峯岸みなみが、AKB48劇場で開催された『AKB48劇場14周年特別記念公演』で卒業を発表。
「4月2日の卒業コンサートまで禁酒します!」と宣言したが、一部関係者によれば「運営が問題視していたのは、“酒だけ”ではない」のだとか。
「若手に夜遊びを覚えさせ、飲み会を通じてカップルを成立させていたようだ」「運営から見て“害悪”に等しい存在の峯岸の周辺に、『そろそろ卒業では……』という空気が漂っていたものの、本人はそれを無視し、残留していたよう。峯岸の“斡旋業務”に手を焼いていた関係者も『やっとか』とホッとしていることでしょう」と関係者は話したとサイゾーウーマンは報じた。

AKB48・峯岸みなみ、「卒業まで禁酒」宣言めぐる思惑――関係者が手を焼く“斡旋業務”とは(2019/12/12 18:46)|サイゾーウーマンAKB48・峯岸みなみ、「卒業まで禁酒」宣言めぐる思惑――関係者が手を焼く“斡旋業務”とは(2019/12/12 18:46)|サイゾーウーマン

編集者:いまトピ編集部