2019/12/10 07:51

第8話に視聴者が激怒、フライデー「14歳で隠し子騒動」思い出す

悲しみ

12月4日に放送された高畑充希主演のテレビドラマ「同期のサクラ」第8話の視聴率が、10.8%だったことがわかった。8話では、橋本愛演じる百合が、真剣佑演じる葵の子供を未婚のまま出産するシーンが描かれた。しかし葵はそれまで、主人公サクラのことが好きという設定だったため、ドラマの中とはいえ女性視聴者が大激怒している。やはりルックスがイマイチでダサい主人公に、超イケメン・葵が惚れているという状況を理想として感情移入していた女性が多かったのだろう。また、真剣佑といえば16年、14歳の時に親密になった当時30代の女性との間に子供をもうけていたと「フライデー」が報じたことがある。そのため、今回の展開に、ファンからも「あのスキャンダルを思い出しちゃった…」「真剣佑くんを下げるための展開はやめて!」と怒りの声が殺到することになったとアサ芸プラスが報じている。

隠し子騒動が再燃?「同期のサクラ」真剣佑&橋本愛の“ナマ行為”が炎上したワケ | アサ芸プラス隠し子騒動が再燃?「同期のサクラ」真剣佑&橋本愛の“ナマ行為”が炎上したワケ | アサ芸プラス

編集者:いまトピ編集部