2019/11/22 16:25

木曜ドラマ、やばすぎ...批判殺到視聴率も低迷、内容もクソ「打ち切り用?」

新木優子Amazon

木曜ドラマ『モトカレマニア』の第6話が21日に放送され、平均視聴率が4.1%だったことが各社で報じられている。第5話の4.6%からは0.5ポイントのダウンとなった。視聴率も低い上、毎週酷評を集める本作だが、この日も視聴者からは批判の声が寄せられていた。『モトカレマニア』というタイトルのはずが、6話で元サヤになってしまったことで、『終わったの?』『もう最終回かと思った』といった皮肉も。本作と言えば、一時は自己最低視聴率3.0%を記録。プライム帯の連続ドラマワースト2位タイということもあり、打ち切りの可能性も浮上したほど。そうした経緯もあり、視聴者からは『打ち切り用の最終回だったのかな?』といった冷静な声も。そうした疑惑が浮上するほど、視聴率が冷え込んでしまっているのは間違いないだろう、と週刊実話が報じた。

『モトカレマニア』、視聴者置いてけぼりの展開にある疑惑?「最終回かと思った」の声 - 週刊実話『モトカレマニア』、視聴者置いてけぼりの展開にある疑惑?「最終回かと思った」の声 - 週刊実話

編集者:いまトピ編集部