2019/10/23 11:12

木村拓哉『グランメゾン東京』あの俳優の「最悪演技」に酷評相次ぐ

手塚とおる

10月20日にスタートした木村拓哉主演のドラマ『グランメゾン東京』の初回視聴率が12.4%だったことがわかった。そんな中で関西方面からは、ライバル店のオーナ―役を演じる手塚とおる演技に不満の声が噴出する事態になっているという。
「その関西弁の下手さに、酷評が集まっています。劇中では北海道出身の手塚が『飲食店経営の常識でっせ』『ナメとんのか、アンタ』『アホくさ、なんやそれ』などと、関西弁を連呼するのですが、ネット上では関西の視聴者からは『腹が立つレベル』『キモい』『うるせえよ!って叫びたくなった』と散々な言われようです」とテレビ誌ライターが評したと日刊サイゾー が報じた。

木村拓哉『グランメゾン東京』、あの俳優の”エセ関西弁”に「腹が立つ」と酷評相次ぐ|日刊サイゾー 木村拓哉『グランメゾン東京』、あの俳優の”エセ関西弁”に「腹が立つ」と酷評相次ぐ|日刊サイゾー

編集者:いまトピ編集部
写真:タレントデータバンク
(手塚とおる|男性|1962/06/27生まれ|B型)