2019/10/16 16:25

「飲酒ひき逃げ」容疑に絶句……「完全終了」「さすがに引退だろ」に「大麻汚染」も再び話題に

大麻Amazon

メダリストの「暴走行為」に批判が飛び交っている。2014年ソチ五輪のスノーボード男子ハーフパイプ銀メダリスト・平岡卓選手が先月、飲酒運転とひき逃げ容疑で事情聴取されていることが分かった。そんな平岡の「ひき逃げ行為」にネット上では「完全終了」「スノボ界のイメージがまた下がる」「さすがに引退だろ」と非難が殺到。そして、事件の余波は当事者のみならず、スノボ界全体にも広がりそうだ。2016年、未成年のスノーボード男子選手がアメリカ遠征中に大麻を使用した疑いで、無期限登録停止の処分となった。処分を受けた二人の選手はいずれも、国際大会で上位の実績を持つ有力選手だっただけに、ファンから悲しみの声が相次いでいた。さらに遡ると、2014年、スノーボード全日本選手権の元王者が大麻取締法違反容疑で逮捕されていたことも。これらの大麻騒ぎからしばらく目立ったニュースはなかったが、まさかのひき逃げ事件……。いい加減にしてほしい、と思うファンの方も多いのではとエンタMEGAが報じている。

スノボ平岡卓「飲酒ひき逃げ」容疑に絶句……イメージ真っ黒「大麻汚染」も再び話題に|エンタMEGAスノボ平岡卓「飲酒ひき逃げ」容疑に絶句……イメージ真っ黒「大麻汚染」も再び話題に|エンタMEGA

編集者:いまトピ編集部