2019/10/13 20:41

「引退して夫を支えたらどうなの」本格女優志向に厳しい声「いまだに許されない」

首

ドラマ『悪魔の弁護人 御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲(ソナタ)~』(フジテレビ系)に、ヒロイン役としてベッキーが出演。「バラエティは出づらいからって女優ってのはどうなの」「なんか、ミソギが済んだ感じになっているのがイヤ」など非難が殺到している。ベッキーはなぜ許されないのかと言えば、もともと清純派で売っていたタレントが不倫をしていたというギャップの大きさがあり、「引退して夫を支えたらどうなの」という声もあがったと「リアルライブ」が報じた。

ベッキーの本格女優志向に厳しい声、いまだに許されない理由とは? - リアルライブベッキーの本格女優志向に厳しい声、いまだに許されない理由とは? - リアルライブ

編集者:いまトピ編集部