2019/10/10 11:33

『棒演技』だったのにスゴ過ぎる「やっと使い方が分かってきた」とファンが歓喜

ディーンフジオカ

10月7日、ディーン・フジオカが主演を務めるドラマ『シャーロック』の第1話が放送され、視聴率12.8%の好スタートを切った。このドラマにより、「日本がやっとディーンの使い方が分かってきた」と喜ぶファンが続出している。そもそもディーンは存在そのものが〝架空の人物〟のように浮いているため、ドラマで〝普通の人〟を演じると、どうしても演技が下手に見えてしまったようだ。そこでスタッフが考えたのが、ディーンに〝2次元的な〟キャラを演じてもらうことだったのだろうとまいじつが報じている。

ディーン“棒演技”評価一転『シャーロック』のスタッフがスゴ過ぎる! - まいじつディーン“棒演技”評価一転『シャーロック』のスタッフがスゴ過ぎる! - まいじつ

編集者:いまトピ編集部