2019/8/11 20:11

大根のような演技…佐藤健の「黒歴史」

佐藤健

佐藤健にとってデビュー作品は“黒歴史”と言われている。2006年6月、ドラマ『プリンセス・プリンセスD』でかれんな“女装男子”を演じた佐藤だが、役者の経験は浅く、貧相で“大根”のような演技だった。斎藤工と顔を接近させて見つめ合い、鎌苅健太とはキスを交わしたと「リアルライブ」が報じた。

“封印”された佐藤健のデビュー作は、女装も披露の同性愛モノ作品?【有名人の消し去りたい“黒歴史”】 - リアルライブ“封印”された佐藤健のデビュー作は、女装も披露の同性愛モノ作品?【有名人の消し去りたい“黒歴史”】 - リアルライブ

編集者:いまトピ編集部