2019/7/19 21:03

きょう公開の映画「ひどい作品でした」低評価も「全削除」賛否両論か

髪

7月19日、新海誠監督の新作映画『天気の子』が一斉公開。公開前に「関係者なので試写会で見ましたがひどい作品でした」といったコメントが書き込まれ、2.71 点という低評価となっていたが、レビューはすべて削除された。新海誠監督は「多くの人々の価値観が対立するような映画を作りたい」と話しており、賛否を呼ぶ作品に仕上がっていることは間違いなさそうだと「wezzy」が報じた。

『天気の子』低評価レビュー全削除 前作超える“賛否両論”呼ぶ? - wezzy|ウェジー『天気の子』低評価レビュー全削除 前作超える“賛否両論”呼ぶ? - wezzy|ウェジー

編集者:いまトピ編集部