2019/5/20 18:38

第二の阿部寛か、棒演技「なんでこいつ、テレビ出てんだ」「画面ぶち割りたくなる」辛辣批判に衝撃

東出昌大

2012年に役者デビューした東出昌大は、役者としての勉強をしたことがなかったが「僕は出来る」と思っていたという。ネット上の「なんでこいつ、テレビ出てんだ」「画面ぶち割りたくなるくらい芝居下手」といった感想をみて「うわー!」と衝撃を受け、成長するきっかけになったと明かした。阿部寛も、俳優デビュー作である映画『はいからさんが通る』での演技は今では想像できないほど「大根」だったと「wezzy」が報じた。

東出昌大は辛辣批判を受け止め“棒演技”自覚「画面ぶち割りたくなるくらい芝居下手」 - wezzy|ウェジー東出昌大は辛辣批判を受け止め“棒演技”自覚「画面ぶち割りたくなるくらい芝居下手」 - wezzy|ウェジー

編集者:いまトピ編集部