2019/5/19 18:44

切なすぎる...「こんな“最後”って…」当惑の声

メッセージ

欅坂46が5月11日、日本武道館でデビュー3周年記念ライブのファイナル公演を迎えた。今回のライブでは1曲目が終わり、Overture(曲と曲の間に流れる間奏)が流れた後には、楽曲と楽曲の間のMCタイムについては1度しか設けず、途切れることなく、楽曲を披露していく怒涛のノンストップライブを展開。圧巻のステージにファンも大満足の公演となったようだ。しかし、一部のファンからは少々当惑するような声も上がっている。「3月に卒業を発表し、7月あたりをメドにグループを去る長濱ねるにとっては今回がラストコンサートになる可能性も高いです。しかし、ノンストップライブという構成上、特に長濱に挨拶の場が設けられることはありませんでした。『実質、一番人気のメンバーなのに…。もっと花を持たせてあげてもいいじゃん』『これが最後のライブだったら切なすぎる』など、残念がる声も上がっていました」とアイドル誌ライターは語ったと「アサ芸プラス」は報じた。

欅坂46、日本武道館公演に一部ファンが「こんな“最後”は…」当惑声のワケ | アサ芸プラス欅坂46、日本武道館公演に一部ファンが「こんな“最後”は…」当惑声のワケ | アサ芸プラス

編集者:いまトピ編集部