2019/3/23 15:20

現場、ピリピリだった…14歳の女優が告白

鈴木梨央

女優の鈴木梨央が23日、都内で行われた初主演映画「こどもしょくどう」の初日舞台あいさつに登場、「こども食堂ネットワーク」への協力を訴えたそう。5歳で芸能生活を始め、NHK大河ドラマへの出演経験もある鈴木だが、さすがに映画初主演には「クランクイン当初はちょっとつらかったです。現場がピリピリしていました」と藤本と目を合わせたという。作品は子ども目線で現代社会の貧困問題を描いているだけに、14歳の鈴木もしっかり現実を見据え、満員の会場に向かって「皆さんが、この映画を見た後に家族で考えたり、話し合ってほしい。かわいそうと思うだけじゃなくて、自分で何か考えて行動に移してほしい。“こども食堂ネットワーク”を検索すると何が必要か分かります。」と訴えたそう。デイリースポーツオンラインが報じた。

鈴木梨央 初主演作振り返る「現場がピリピリ」/芸能/デイリースポーツ online鈴木梨央 初主演作振り返る「現場がピリピリ」/芸能/デイリースポーツ online

編集者:いまトピ編集部