2019/1/12 22:56

吉木りさ 犬山紙子のクソバイスに苦笑い

吉木りさ

エッセイストの犬山紙子と、タレントの吉木りさがテレビ番組で共演したそう。番組内で犬山は「20代後半、アラサーと呼ばれる時期にいわゆる “マウンティング” と “クソバイス” を繰り出しまくっていて。しかもそれが悪いことだと思っていなかった」と発言したそう。“クソバイス”というのは上から目線で、自分が気持ちよくなりたいがために押し付ける持論のことを指すという。犬山は自分よりも下と思われる女性に対して、「このワンピース可愛いから着なよ」「このネックレスをつけたほうがもっと可愛くなる」など、相手のコーディネートに意見していたのだそう。smart flashが報じた。

吉木りさも苦笑いする「犬山紙子」のマウンティングとクソバイス | Smart FLASH[光文社週刊誌]スマフラ/スマートフラッシュ吉木りさも苦笑いする「犬山紙子」のマウンティングとクソバイス | Smart FLASH[光文社週刊誌]スマフラ/スマートフラッシュ

編集者:いまトピ編集部
写真:タレントデータバンク
(吉木りさ|女性|1987/07/27生まれ|AB型|千葉県出身)