2018/12/6 15:37

騒動から5年…独占告白『表に出るのは、もう二度とごめんです』

サングラス

2014年2月に発覚したゴーストライター騒動によって、現代のベートーヴェンから稀代のペテン師に転落した佐村河内守(55)が、週刊新潮のインタビューに独占告白。「ずっと家にこもっていました。民放をつければ僕が映っている。ヴァイオリンが映るだけでも嫌で、ひどいときは心臓がバクバクして、彼女(妻)も一時は僕と同じくらいでした」と騒動の当時を振り返り、「地下に潜って(曲を)書きたい。表に出るのは、もう二度とごめんです」などと話している。「デイリー新潮」が報じている。

騒動から5年「佐村河内」独占告白 “表に出るのは、もう二度とごめんです” | デイリー新潮騒動から5年「佐村河内」独占告白 “表に出るのは、もう二度とごめんです” | デイリー新潮

編集者:いまトピ編集部