2018/11/18 21:25

「情けない」「申し訳ない」に、絶賛相次ぐ

羽生結弦Amazon

フィギュアスケートのグランプリシリーズロシア杯で、日本の羽生結弦選手が右足首のケガを乗り越えて優勝。「情けない演技だったので申し訳ない気持ちでいっぱいです」と悔しさを露わにしたが、「3週間安静の状態であの滑りをできるとは驚き」「オリンピックの優勝とはまた違った、感動がありました」などの絶賛の声が相次いだとJ-CASTニュースが報じた。

羽生結弦の「王者の滑り」に驚愕 「『3週間安静』であの滑りをできるとは」 : J-CASTニュース羽生結弦の「王者の滑り」に驚愕 「『3週間安静』であの滑りをできるとは」 : J-CASTニュース

編集者:いまトピ編集部