2018/11/15 13:39

復帰後語る 暴力団組員も心配した覚せい剤依存

困る

歌手ASKAがおよそ5年8カ月ぶりに全国ツアーをスタート。勢いそのままに12日放送のTBS系「ビビット」の単独インタビューにも応じ、薬物に手を染めてしまった当時を振り返った。2014年5月の逮捕直前まで、覚せい剤を使用していたASKAの1回の覚せい剤使用量は1グラム。一般的な1回の使用量は0.02~03グラムといわれているから、ASKAは約30~50回分を一気にやっていたことになる。あまりの量に、彼に入手ルートを紹介した暴力団組員も『おまえ、それ以上やったら死ぬぞ』と心配したほど

ASKAの“ジャンキー度”がヤバすぎる……暴力団組員も「死ぬぞ」と心配していた覚せい剤依存|日刊サイゾー ASKAの“ジャンキー度”がヤバすぎる……暴力団組員も「死ぬぞ」と心配していた覚せい剤依存|日刊サイゾー

編集者:いまトピ編集部