2018/11/10 21:57

生放送中に俳優が死亡

影

映画『カメラを止めるな!』がヒットしているが、今から60年前、例え出演者が死んだとしても、本当に「カメラを止められない」末恐ろしい現場があった。イギリス・ロンドンで放送されていた人気ドラマ番組『カール・ノーマン』というテレビ劇に出演していた俳優が、生放送中に死亡するという前代未聞の放送事故が発生。死亡したのはガレス・ジョーンズという俳優で、以前から心臓を患っており、「電球の破裂を水爆と勘違いする客」を演じきり、転換のための幕が降りたのだが、その直後、ガレスは椅子からずり落ち倒れ、帰らぬ人となったとリアルライブが伝えている。

【放送事故伝説】生放送中に俳優が死亡!その時、共演者は… - リアルライブ【放送事故伝説】生放送中に俳優が死亡!その時、共演者は… - リアルライブ

編集者:いまトピ編集部