2018/11/9 08:19

「毒親」批判乗り越え「ぶしむす萌え」がネタ化が話題

松坂慶子

朝ドラ「まんぷく」で、福子(安藤)の母・鈴(松坂慶子)に対する評価がうなぎのぼりだそう。放送開始当初は、福子の次姉の結婚に寂しさを覚えて仮病を使い、福子と萬平の結婚に頑として反対し続けるなどワガママな面を見せ続けた母に視聴者からは『お母さんが毒親すぎる』『過干渉がひどい。娘がかわいそう』といった声が噴出したが、徐々に周囲が鈴のワガママを無視し、やり過ごすようになると、視聴者は鈴のワガママさを“ネタ”と捉えるようになり“ぶしむす萌え”現象が起こっているのだという。リアルライブが報じた。

『まんぷく』の松坂慶子、「毒親」批判乗り越え“ぶしむす萌え”が話題に - リアルライブ『まんぷく』の松坂慶子、「毒親」批判乗り越え“ぶしむす萌え”が話題に - リアルライブ

編集者:いまトピ編集部