2018/11/8 21:47

案の定大爆死「あまりの悪さに、数字の公開が中止」

ベッド

11月1日に公開された女優・黒木華の主演映画『ビブリア古書堂の事件手帖』が、案の定大爆死を遂げている。2013年には「月9」枠にて剛力彩芽主演でドラマ化。原作キャラとかけ離れた剛力の容姿に、放送前から大批判、さらに、時系列を独自の改変し原作ファンは発狂。最終回の視聴率は当時の“月9”史上最低を更新したという。そんな「いわくつき」の作品だけあって、公開前から「どうせ今回も…」と下馬評が低かった今回の映画版。フタを開けると、あまりの悪さに、数字の公開が中止されたと週刊実話が報じている

ああ、やっぱり…黒木華主演映画『ビブリア古書堂』が大爆死 - 週刊実話ああ、やっぱり…黒木華主演映画『ビブリア古書堂』が大爆死 - 週刊実話

編集者:いまトピ編集部