2018/10/19 07:23

第2話が、2015年以来「最低レベルの結果」もはや吉田羊主演でいい

絶望

有村架純主演の「中学聖日記」の第2話が16日に放送され、前回から微増の視聴率6.5%に終わった。これは香里奈の主演で2015年10月期に放送された「結婚式の前日に」が記録した4.6%以来、TBS火曜22時ドラマの第2話としては最低レベルの結果となっている。一部の視聴者からは「もはや吉田羊主演のドラマでいいよ」との声まであがるほどで、「キャストとテーマを詰め込み過ぎて主題が見えなくなる」という失敗パターンの典型例になっているとアサジョが報じた。

「中学聖日記」が取っ散らかり過ぎて、もはや吉田羊の主演でいいとの声も – アサジョ「中学聖日記」が取っ散らかり過ぎて、もはや吉田羊の主演でいいとの声も – アサジョ

編集者:いまトピ編集部