2018/10/11 22:04

衝撃「全レギュラー降板」本人が認めた

絶望

元日本テレビのアナウンサーでタレントの阿部哲子アナが、体調不良を理由に全レギュラー番組を9月いっぱいで降板。阿部アナは、2015年頃から妻子ある男性と不貞関係になったが、今年5月にその男性が他界。妻が遺品を整理すると、阿部アナと夫の不貞の「証拠」が次々に発覚。その事実を妻はテレビ局に突きつけた結果、局内で問題となり降板となったという。阿部アナは「女性セブン」の取材に対し、「私は病にかかった彼の闘病を支えてきた自負もあります」と言い放ったようだが、ネット上では「全降板は妥当」「勘違いしているし図図しい」などの厳しい意見が大半だ。好感度が高かっただけに、本人が不貞を認めたのは衝撃だったとアサジョが報じた。

全レギュラーを降板!阿部哲子アナが「W不貞」を認めるまでの顛末 – アサジョ全レギュラーを降板!阿部哲子アナが「W不貞」を認めるまでの顛末 – アサジョ

編集者:いまトピ編集部