2018/9/21 07:47

絶賛「19.2%」も…最終回「意味不明」

綾瀬はるか主演ドラマ『義母と娘のブルース』の最終回が放送され、平均視聴率は自己最高の19.2%だった。何を意味しているのかわかりにくいラストシーンは、続編につながる伏線ではないかと考察する人も多いと「ビジネスジャーナル」が報じた。

絶賛を浴びていた『義母と娘のブルース』、最終回の意味不明なオチに解釈論争過熱 | ビジネスジャーナル絶賛を浴びていた『義母と娘のブルース』、最終回の意味不明なオチに解釈論争過熱 | ビジネスジャーナル

編集者:いまトピ編集部