2018/9/18 17:25

不妊治療中にステージ4のがんと診断、さらにリンパと背骨にも

病院

1981年以降、日本人の死亡原因の第1位である、がん。結婚、出産、仕事など、未来ある若い世代にも降りかかる可能性も少なくない。そんな中、15歳〜39歳のAYA(Adolescent and Young Adult)世代のがんについて、不妊治療中にステージ4のがんと診断され、現在はリンパと背骨に転移、さらに肺と頭蓋骨に転移の疑いがあるという井出久日子さん(42)の体験も交え、「AbemaTIMES」が報じている。

「明日死んでもいいように楽しく生きようと」不妊治療中にステージ4のがんと診断…AYA世代とがん治療のいま | AbemaTIMES「明日死んでもいいように楽しく生きようと」不妊治療中にステージ4のがんと診断…AYA世代とがん治療のいま | AbemaTIMES

編集者:いまトピ編集部