2018/8/14 13:46

「堕胎し、妊娠できなくなった」監督を許せない…目を真っ赤に

悲しい

女優の有馬稲子が、自伝を上梓した。映画評論家で監督業もこなす樋口尚文氏によるインタビューを纏めたもので、中身はかなり衝撃的。有馬が市川崑監督(享年92)との不倫や子供を堕ろしたことについて、樋口氏は「子供に恵まれなかった有馬さんは現在、一人暮らし。日々のなかで、監督を許せないという思いをだんだんと募らせているようでした。子供を堕胎したことで妊娠できなくなったと、目を真っ赤にして監督への怒りを語っていました」と明かしていると「デイリー新潮」が報じた。

道ならぬ恋、妊娠… 「有馬稲子」が怨みを綴った有名監督の名 | デイリー新潮道ならぬ恋、妊娠… 「有馬稲子」が怨みを綴った有名監督の名 | デイリー新潮

編集者:いまトピ編集部