2018/7/23 09:39

「半分、青い。」 ビミョー…

半分、青いAmazon

「漫画家編はよかったのに。秋風先生が出なくなってガラリと雰囲気が変わってしまった」NHKの連続テレビ小説『半分、青い。』が「人生・怒涛編」に突入し、視聴者の間に微妙な空気が流れているそう。物語の内容も行き当たりばったりでたった6日で結婚を決めたかと思うと、家族を説得したり式や披露宴をしたりするシーンもろくになく、時系列も心理描写も飛躍し重要な部分を端折る。狙いが今一つわからない。いったい何を描こうとしているのか、どこへ向かうのか。今のところ「助け船」になっているのが、鈴愛の祖母である廉子・風吹ジュンの、独特のナレーションだという。NEWSポストセブンが報じた。

風吹ジュンの「ナレーション」 混迷する朝ドラの救いとなるか│NEWSポストセブン風吹ジュンの「ナレーション」 混迷する朝ドラの救いとなるか│NEWSポストセブン

編集者:いまトピ編集部