2018/7/19 15:45

薬物摂取した「母親からの授乳」で死亡

妊娠

鎮痛剤依存を緩和させるために摂取していた薬物が、幼い男児の命を奪ったという。4月2日、米ペンシルベニア州バックス郡ニューブリテンで、生後11週の男児が死亡する事件が起こり、母親のサマンサ・ウィットニー・ジョーンズ(30歳)が過失致死罪で逮捕・起訴されたとTechinsightが報じた。

【海外発!Breaking News】薬物摂取した母親からの授乳で新生児、オーバードーズで死亡(米) | Techinsight(テックインサイト)|海外セレブ、国内エンタメのオンリーワンをお届けするニュースサイト【海外発!Breaking News】薬物摂取した母親からの授乳で新生児、オーバードーズで死亡(米) | Techinsight(テックインサイト)|海外セレブ、国内エンタメのオンリーワンをお届けするニュースサイト

編集者:いまトピ編集部