2018/7/17 11:30

批判受け、主演映画降板

草原

スカーレット・ヨハンソンが、出演予定だった映画「ラブ&タグ」から降板した。女性として生まれながらも男性として生活していた人物の役を演じることになっていたが、「トランスジェンダーの役者が演じるべきだ」とLGBTコミュニティーからの批判を受け、降板を決めたという。

スカーレット・ヨハンソン、批判受け主演映画降板 | Narinari.comスカーレット・ヨハンソン、批判受け主演映画降板 | Narinari.com

編集者:いまトピ編集部