2018/7/12 18:47

非常識行動にドン引き…「吐き気がする」批判殺到

背中

綾瀬はるか主演ドラマ「義母と娘のブルース」第1話の視聴率は、11.5%だった。テレビ誌記者は「竹野内豊演じる父親が、義母を受け入れない娘をわざと困らせるため、学童保育に迎えに行かないという場面がありました。その際、父親は職員からの連絡さえも無視していたことで、視聴者は『非常識すぎる!施設側からしたら本当に迷惑』『不安で子供を支配するなんて恐ろしい』『私は学童従事者だから、この行動には吐き気がする。もう続きは見られない』と批判が殺到しました」と話していると「アサ芸プラス」が報じた。

綾瀬はるか「義母と娘のブルース」初回の視聴者ドン引き“非常識行動”とは? | アサ芸プラス綾瀬はるか「義母と娘のブルース」初回の視聴者ドン引き“非常識行動”とは? | アサ芸プラス

編集者:いまトピ編集部