2018/6/17 18:16

アンチが印象を一変させたシーン

みやぞん

「24時間テレビ」(日本テレビ系)でチャリティマラソンランナーにも選ばれるなど、いまや絶好調のお笑い芸人であるANZEN漫才のみやぞんだが、周りと会話のペースが合わなさすぎる姿に「空気を読め!」と怒るアンチも少なくない。そんなアンチでさえ、みやぞんへの印象を一変させるシーンが、6月13日放送の「ナカイの窓」(日テレ系)であったという。結婚式をテーマに据え、収録当日に開催されている披露宴にみやぞんらがサプライズ出演する流れに。いつものような過剰で回りくどいトークは封印し、いたってマジメに「二人にプレゼントの曲、歌わせてもらってもいいですか? この歌をプレゼントとして歌いたいと思います」との口上に続けて、久保田利伸の『LA・LA・LA LOVE SONG』を生披露。中居と近藤春菜を式場に呼び込むと、すっと数歩下がったという。その姿にアンチたちも「本当にいいヤツなんだな」「人間としてまともだった」などと、みやぞんへの評価を一変したと「アサ芸プラス」が報じた。

アレ、意外にいいヤツ?みやぞんアンチが「印象を変えた」場面とは | アサ芸プラスアレ、意外にいいヤツ?みやぞんアンチが「印象を変えた」場面とは | アサ芸プラス

編集者:いまトピ編集部
写真:タレントデータバンク
(みやぞん|男性|1985/04/25生まれ|A型|東京都出身)